人気ブログランキング | 話題のタグを見る

山と元太

yamatogen.exblog.jp
ブログトップ

白馬BC 裏ひよどり

7日、今年3回目となるBCへ行ってきました。天気は早朝から雪でしたが、久々の降雪。雪の状態が比較的よいと思われる裏ひよどりの北斜面に入ることにする。

メンバーは、行き着けペンションのオーナーと、その友達であるガイドで62歳の女性と洋菓子屋さんの61歳の旦那さん。旦那さんは前回も一緒で顔見知り、3人ともテレマークです。年齢に関係なく滑れるのは凄いですね!みなさん御強いし(笑)

栂池のゴンドラ片道券を購入しゴンドラ山頂駅へ。3月の中旬(今年は12日)であればここからさらにロープウェイに乗ることができ標高を稼ぐことができます。ウォークで登っても20~30分で登れる距離ではあります。今回は動いていないので、つが第2ペアリフト乗り場で片道券を購入し栂の森ゲレンデへ。

栂の森ゲレンデを右側パーク方面に向かって斜滑降をしていくとBCの入り口に着きます。ここからウォーク開始です。雪質などをみながら車道を登り、途中でひよどり尾根に登行開始。南側斜面の森が開けている場所は早朝からの降雪によりもなかの状態。北斜面で滑り登り返すことにする。

登り開始から約1時間でひよどり尾根に到着。前日の風の影響もなく状態は良さそう。美味しそうな斜面を探しながら尾根を登っていく。

そして、状態の良さそうな斜面を見つけ滑ることに。前回・前々回と上手く滑れず悔しい思いをし、ゲレンデではあるが山を想定した滑りを練習してきた。板をはいて斜面に立つ。心臓はバクバク、緊張と不安と自信の混ざり合った自分なりには最高潮の状態。一人、二人と滑りだし転ぶのが見える。そして、白く美しくシュプールの無い斜面に飛び出す・・・

最初のターンをすると雪は下がクラストした状態?ではあるが、降り積もった雪でふかふか!山の中を滑っていく自分。最高に気持ち良い!俺って凄くない?!とか思いながら滑り降りていく、奇跡か運か実力か。転ばずに滑走ができた!!

こうなると調子にのるタイプ。その後も裏ヒヨをしばらく東方面に下っていったが、前回の自分では想像できないくらいに滑れる!白く広い雪面を滑っているのは4人だけ。自分達のシュプールが刻まれていく。きっと後から来た人が見て羨ましがるだろうなとか考えると嬉しくてしょうがなくなる。この喜び最高です☆

気持ちよく滑ったとは裏ひよを登り返し。途中、ボーダーを見かけるが、お先に!の優越感♪足取りも軽く尾根に到着。ここで昼食。登るのは長いが滑るとあっという間。でも、登るのも楽しい。登山と違い周りを見ながら登れるし、雪面読みなどの色々な練習になる。

帰りはひよどり尾根を栂池方面に向かう。樹林帯も初めてのときは怖いだけだったが、今では楽しんで滑れる。でも、調子に乗らずに怪我をしないように滑っていく。

こうして9時半~14時半のBCが終了。とても楽しかった。山は同じ斜面でも日当たり、風、樹林帯で雪質が変わる。それを滑るのは本当に楽しい!

27日に今シーズン最後のBCに行くが楽しみだ♪興味がある方や、やっている方がいたら一緒にやりましょう!!

なお、天気が雪だったため写真は撮りませんでした。。
by yama-genta | 2011-03-09 19:03 | スキー・ボード

自然を愛し「生命の強さ、素晴らしさ」を伝える 元消防士、八ヶ岳リトリートハウスFlanオーナー、登山ガイド、森林セラピストのブログ 


by ゲン