人気ブログランキング | 話題のタグを見る

山と元太

yamatogen.exblog.jp
ブログトップ

集中クライミング キャンプin小川山

15日から19日までクライミングキャンプをしに廻り目平(小川山)に行っていました。

廻り目平は以前にブログでも紹介しましたが、ボルダリング・クライミング・ハイキング・登山・キャンプ・釣りができるキャンプ場です。

17時~4時までの間の入退場が1泊扱いになり、金額は人数計算で、1泊一人700円です。退場時に山荘で自己申告により清算をします。


多くのキャンプサイトがあり、オートキャンパー、クライマー等が野営をしています。たき火もでき、キャンプにはもってこいです。
集中クライミング キャンプin小川山_e0231387_10385139.jpg


廻り目平には金峰山荘があり、ここでテント等のレンタル、ボンベ、ビール等たいていの道具はそろえられます。食材は、須玉方面に車で20分程離れた位置にスーパーがあり、10時からやっています。
集中クライミング キャンプin小川山_e0231387_2292578.jpg

金峰山荘

さらに、お風呂・コインシャーワ―があり、トイレも綺麗で自販機も設置されています。さすがは国立公園。
集中クライミング キャンプin小川山_e0231387_2125374.jpg

コインシャワー場

今回は、市役所山岳部でのキャンプのため大きめのエリアを確保するために私と先輩の2名で先発隊を組みました。

15日の夜行で出発し、この日は入場はせずにゲート手前にある国立公園の駐車場で車中泊。

16日の朝7時に入場。大駐車場には止めずにテントサイト直近に車を止めて設営開始。
集中クライミング キャンプin小川山_e0231387_2127625.jpg

写真は大駐車場。駐車場の周りにもテント設営可能。

我々のパーティーは、最大10名になるのでテントを3張り設営できるスペースを確保。
集中クライミング キャンプin小川山_e0231387_21332392.jpg

テント2張りとターブ

テントはサイト内であればどこでも設営可能。たき火の跡、かまどもいたるところに設置されています。

水場、調理台等も設置されています。
集中クライミング キャンプin小川山_e0231387_2136484.jpg

水場

川もあり、星も綺麗でレベルアップキャンプには最適です☆

そんなこんなで16日の午前中に設営を完了させ、いざ、クライミングへ。目指すはPTAか2峰南陵下部からのクライミングルート。

屋根岩パノラマコースから入って行くと、とりつきに着きます。屋根岩パノラマコースの入口は2か所。
集中クライミング キャンプin小川山_e0231387_21395667.jpg

駐車場右側からの入口。山を大きく登って回るようになるので時間がかかります。

集中クライミング キャンプin小川山_e0231387_21411890.jpg

駐車場奥の入口。こちらからがお勧めです。こちらからのルートで紹介。

いたるところにクライマーの踏み跡がありますが、赤腑に従いしばらく進むとケルンがあります。
集中クライミング キャンプin小川山_e0231387_21443850.jpg

このケルンを過ぎ5分程進むと、二つ目のケルンが出てきます。
集中クライミング キャンプin小川山_e0231387_21455540.jpg

第二ケルン。ここをルートに向かって左に登っていくとPTA周辺。先に進むと10分程で2峰南陵下部とりつき。

我々は、反対ルートで山の中をトラバースしたのでここを登りPTA周辺で練習。9~11だったため苦戦に苦戦でしたが、いい練習になりました。
集中クライミング キャンプin小川山_e0231387_2149529.jpg

11bのルート。中央左。

集中クライミング キャンプin小川山_e0231387_21491925.jpg

7か8だったかな?

この日は15時に切り上げ、テント場に戻り、二人で自炊をし後発隊の到着を待つことに。
集中クライミング キャンプin小川山_e0231387_21512016.jpg

生ごみが少なくなるように、ガスコンロでシチューをつくりました。肉の代わりにウインナーを入れました。

17日、朝方から雨。後発隊も到着し朝から宴会&BBQ。

この日は、先輩からたき火指導を受けました。

集中クライミング キャンプin小川山_e0231387_2154649.jpg

まずは設定。大きな切り株を下にひき、次に中くらいの太さの枝を隙間なく並べ、小枝を置く。こうすることで、燃えた小枝が下に落ち、それを太い木が受けとめ火種ができていき、安定したたき火ができるという仕掛け。

着火剤等で火をつけ、小枝等を足していきながら火力を上げる。灰がたまれば、たき火はダメになってしまうので安定するまでは紙等は入れないこと。灰がたまってきたらあおいで飛ばす。
集中クライミング キャンプin小川山_e0231387_2219100.jpg

だいぶおきができた状態。

そして完成。
集中クライミング キャンプin小川山_e0231387_2215958.jpg

たまに枝を入れたりあおいだりしていれば多少の雨じゃ消えません。

呑んで食って1日過ごし晴れることを期待し就寝。

18日、天気は快晴。前回行ったガマスラブ周辺で1日練習し、夜は余った食材でBBQ。星が綺麗でした。

19日、朝食後に屋根岩パノラマコースをハイキングし次回来る時の岩へのとりつきを確認し撤収。

4日間という日程でしたが早く感じとても充実しました。

また、キャンプにクライミングに来たいと思います☆
by yama-genta | 2011-09-19 22:16 |

自然を愛し「生命の強さ、素晴らしさ」を伝える 元消防士、八ヶ岳リトリートハウスFlanオーナー、登山ガイド、森林セラピストのブログ 


by ゲン