人気ブログランキング |

山と元太

yamatogen.exblog.jp
ブログトップ

八ヶ岳 旭岳東稜

日時
平成27年2月21・22(20日夜行)

20日23時に山岳部後輩を乗せて湘南台を出発

午前2時頃に美し森の駐車場に到着

天気図では、21日は快晴なるも22日は低気圧により天候は崩れる予報

22日の午前中に稜線を抜ければ何とかなると判断した

この日は東稜上2300m付近でビバークの予定だったので7時に登山開始

先行は2パーティー

共に天狗尾根に向かいました

出合小屋まではトレースもしっかりとあり2時間で到着

出合い小屋から少し行くと天狗尾根に行くルートと旭・権現に行く通路に分かれます

右が天狗、左が旭

左に入ってしばらく行くとツルネ東稜の標識が出てきます

旭東稜はそこから少し戻った尾根

取り付きは尾根の右側・末端・左側どこからも可能で尾根の右側にトレースがあったが、旭東稜への

トレースかわからなかったので尾根の末端左側から取りつく

トレースはなく最初からラッセルだが、尾根上に上がるとうっすらとトレースがあった

ラッセルをしながら尾根上をつめていく

天気は快晴で無風、前方には目指す五段の宮・権現が美しく見えた

この日のうちに抜けてしまいたいと考えるも時間的に無理と考えビバーク適地を探した

高度2100m付近では、隣の天狗尾根から声が聞こえる

13時、高度2300m付近、ちょうど良いテントスペースを発見し幕営する

その日の夜は予報どおりに暖かく、山頂付近からは風の音が聞こえていた

朝5時20分、撤収完了し登山開始、天候は曇り、予報の南からの強風は天狗尾根に阻まれてこない

稜線をつめ五段の宮直下の雪壁では雪も締まっていたので稜線まで一気にラッセルでつめる

五段の宮に到着

風もなく暖かく雪も締まっていた、直上ルートを選択する

1段目
オーバーグローブをつけてトライするもムーブに失敗しフォール、インナーグローブでトライしクリア

2段目
左ルートをクリアー

3段目
核心のクラック、アンダーホールドの存在をすっかり忘れ、フォール。アンダーホールドをつかみあがるもハーケンが雪と氷に埋まり発見できずランニングを取らずにいっきに4段目へ。ここでビレイ

4段目・5段目
少し緊張する乗越があるが問題なくクリアー

五段の宮は雪の状況でも変わるので何とも言えないが結構しびれる課題でした

その後は細いリッジをスタカットで4ピッチいくと山頂に着いた、約6時間

天候が荒れる前に稜線にでれた

さらに雪が多く、晴れなかったおかげで雪も締まったままで歩きやすかった

下山はツルネ東稜

稜線ではホワイトアウトで下る稜線を間違え登り返し

ツルネ東稜では間違いトレースに引き込まれ登り返し

2時間のロスをするもオールラッセルで19時に美し森駐車場に到着

良い登山でした

教訓として、ルートが怪しいと思った場合はその場で地図確認すべき。雪でトレースが埋まっているだけだろうと考えるとルート間違えをする

今回は後輩の判断も良く、とてもいい経験が出来た登山となった

全装・ラッセル・悪天候の中、本当に楽しめた山行だった

初の東面だったが、西壁と違い雪山を総合的に楽しめる

また行こう。

八ヶ岳 旭岳東稜_e0231387_19134052.jpg

by yama-genta | 2015-02-26 21:43 | | Comments(0)

自然を愛し「生命の強さ、素晴らしさ」を伝える 元消防士、八ヶ岳リトリートハウスFlanオーナー、登山ガイド、森林セラピストのブログ 


by ゲン