人気ブログランキング |

山と元太

yamatogen.exblog.jp
ブログトップ

日本の美しき大自然 金木戸川双六谷 

北アルプス金木戸川双六谷

双六ダムから双六小屋に抜けるロングルートの沢登り

沢登りは国土の7割を森林が占める日本ならでは渓谷登り

森と岩で創られる沢

岩登りがあったり、滝登りがあったり、雪渓があったり、渡渉と言って川を渡ったり、はたまた泳いだり

様々な課題をクリアーしながら遡行(沢を上流に登っていくこと)していき、最後は稜線に詰める

ルートは地図や地形、高度を基に選んで進んでいく

まさに登山の総合力が試されるアクティビティなのです

金木戸川双六谷

2泊3日の沢登り(1泊2日でも可能)

双六ダムからスタートし林道歩きを約4時間ほど歩く

泳ぎが得意な場合は手前の小倉谷からも遡行可能

我々は泳ぎは得意ではないので右岸上部の踏み跡を進んだ

二つ目の壊れたつり橋から入渓

この沢には滝はなく、渡渉・へつり(岩壁伝いに歩く)・およぎ・河原歩きをひたすらおこない

エメラルドグリーンの沢を遡行していく

日本の美しき大自然 金木戸川双六谷 _e0231387_15434530.jpg
日本の美しき大自然 金木戸川双六谷 _e0231387_15435527.jpg
日本の美しき大自然 金木戸川双六谷 _e0231387_18184493.jpg


双六ダムから8時間ほど歩きビバーク地点の広河原付近に到着し野営をおこなう

焚火で濡れた装備を乾かしながら夕食を食べる

タープと焚火とマットにシェラフ

自然の中で過ごす至高の時間

日本の美しき大自然 金木戸川双六谷 _e0231387_15481772.jpg
二日目の双六谷の遡行は水量は多いが天気がよく増水がなければ快適な沢登りができる

変わらず渡渉・泳ぎ・河原歩きを繰り返しながら進んでいく

日本の美しき大自然 金木戸川双六谷 _e0231387_15440469.jpg

双六谷に入り沢をつめていくと沢幅が狭くなっていく

高度1900m付近からはビバーク適地はないが2000m付近の河原の藪の中にビバーク適地をみつけ野営

この日の夜に遠くで雷が聞こえ夜に一雨あった

増水したら嫌だなぁと思っていたが通り雨で長くは降られずほっとした

三日目、沢を詰めて新穂高に下山する

天気は上々

遡行を始めると沢上に霧が立ち込めてるように見えた

日本の美しき大自然 金木戸川双六谷 _e0231387_15585595.jpg

水はとても冷たい

少し進むとその原因が分かった

雪渓だ

冷気が川を伝って流れてきていた

雪渓を渡りまた沢に戻る

雪渓の間を通る部分もあった

日本の美しき大自然 金木戸川双六谷 _e0231387_16174423.jpg

だんだんと川幅が狭くなり水量も落ちていく

爽快に高度をあげていき沢の上部に出ると双六岳や登山道がみえた

沢詰は何のストレスもなく気持ちよく双六小屋まで歩ける

最後まで壮大で美しく日本の自然の美しさを改めて感じることができた沢登りとなった

日本の美しき大自然 金木戸川双六谷 _e0231387_16033864.jpg

下山は小池新道をつかい新穂高まで歩く

沢にいた二日間は我々以外に人に合わなかった

携帯の電波もない

心の底から自然を満喫できた

森と沢が作り出す色と音

悠々と泳ぐイワナ

人の手が届かない大自然

この大自然の素晴らしさを忘れないようにこれからもこのような山行を続けていきたい

日本の美しき大自然 金木戸川双六谷 _e0231387_16130483.jpg
















by yama-genta | 2017-08-07 16:18 | | Comments(0)

自然を愛し「生命の強さ、素晴らしさ」を伝える 元消防士、八ヶ岳リトリートハウスFlanオーナー、登山ガイド、森林セラピストのブログ 


by ゲン