人気ブログランキング | 話題のタグを見る

山と元太

yamatogen.exblog.jp
ブログトップ

ファインダー越しの景色

ファインダー越しの景色_e0231387_21035765.jpg
Canon Eos7s / タムロン 28-50 / プロビア100F(リバーサル)
1日28張のテントしか張れない国立公園のワンダーレイクキャンプ場から15分程歩いた高台から撮影


フィルム写真

約10年前に消防の職場で出合った先輩から教わったフィルムカメラ

初めてリバーサルフィルムを見せてもらい、小さなネガの中に広がるその色の鮮やかさに目が奪われた

雪山で写真が撮りたくて1年間、通信教育で勉強をし、フォトマスター1級を取得した

先輩に習い、フォトコンテストにも作品を出すようになり何度か入賞した

36枚のフィルムに込める一瞬の景色

1枚の写真を撮るのに30分程の時間を費やすのは当たり前

どこに行くにもカメラが一緒だった

でも、時は流れ時代は変わる

登山もきびい登山が増え、写真を撮っている時間は無くなった

デジタルカメラが躍進し、フィルムの入手も難しくなり、いつしかフィルムで撮ることも少なくなった

Denali登山

北米最高峰、6190mの山

そこは氷点下30~40度の世界

デジタルカメラのバッテリー放電を考え、フィルムカメラを持っていった

久々のフィルムカメラでの撮影は操作を忘れている部分もあったが楽しかった

思いのほかスマホの電池が持ち、太陽光モバイルバッテリーも活躍し登山中は終始スマホでの撮影だった

下山後のアラスカの旅で風景写真を撮った

36枚の限られた枚数

自分で決める露出やF値

画角を考え、瞬間を狙う

どんな写真が撮れたのか?

やはりフィルムカメラは楽しい

これからもフィルムでの撮影を続けようと思った瞬間だった

現像し、手元にきたネガを見ると撮影した瞬間が蘇る

上手く撮れていれば自然とにやける

失敗した写真もどこか親しみがある

今回気に入ったのは6枚の写真

それをお見せします

ファインダー越しの景色_e0231387_21035439.jpg
5300mのハイキャンプ、崖の上から景色を見に行くクライマー


ファインダー越しの景色_e0231387_21035307.jpg


ファインダー越しの景色_e0231387_21035834.jpgかかっていた雲が晴れて姿を見せたデナリ、自然が見せる最高の瞬間


ファインダー越しの景色_e0231387_21035528.jpg
同じ風景も縦で撮ることで雰囲気も変わる

ファインダー越しの景色_e0231387_21035617.jpg白夜の午前0時のデナリ、日が沈まず月が瞬き夕日が山にあたる。幻想的な風景


昔は複合機でついていたフィルムスキャナもいまはない

今回のためにフィルムスキャナも買い直した

簡単にPCに取り込め、SNS等でも多くの方に見せれる時代

でも、リバーサルフィルムはやはりネガで見るのが良い

八ヶ岳リトリートハウスFlanでは、リバーサルフィルムはもちろん多くの山岳写真を見ることもできます

懐かしいリバーサルや見たことのない景色をネガや写真で見てみませんか?

興味のある方は是非お越しください (^^)

八ヶ岳リトリートハウスFlan
https://retreat-house-flan.com/







by yama-genta | 2019-07-05 22:15 | 写真

自然を愛し「生命の強さ、素晴らしさ」を伝える 元消防士、八ヶ岳リトリートハウスFlanオーナー、登山ガイド、森林セラピストのブログ 


by ゲン