人気ブログランキング |

山と元太

yamatogen.exblog.jp
ブログトップ
10月12日

台風に対し万全の態勢で臨みましたが、倒木も停電もなく予想以上に被害のない原村でした

被害にあわれた地域の方々の日常が少しでも早く戻ることをお祈りします

八ヶ岳では徐々に被害の報告が聞こえています

八ヶ岳にお越しになる時はしっかりと情報収集をしてお越しください

台風の中、我が家ではガイド検定を受けている方とロープワーク訓練を行っていました

登山に必要なロープワーク訓練_e0231387_10134394.jpg
ロープワークの基本、ロープの束ね方

登山に必要なロープワーク訓練_e0231387_10134444.jpg
折り返して束ねる方法

登山に必要なロープワーク訓練_e0231387_10134424.jpg
基本結索訓練

登山に必要なロープワーク訓練_e0231387_10134572.jpg
八ヶ岳リトリートハウスFlan訓練室

登山に必要なロープワーク訓練_e0231387_10134619.jpg
ムンターーヒッチによる懸垂下降

登山に必要なロープワーク訓練_e0231387_10140872.jpg
ムンターヒッチによる吊り上げ吊り下げ


13日は台風一過の中、近所の山で実技訓練

登山に必要なロープワーク訓練_e0231387_10140776.jpg
ムンターヒッチによる吊り上げ吊り下げ

登山に必要なロープワーク訓練_e0231387_10140994.jpg
誘導ロープ設定

登山に必要なロープワーク訓練_e0231387_10141842.jpg
ムンターヒッチでの懸垂下降

登山に必要なロープワーク訓練_e0231387_10141743.jpg
樹間でのツェルト設営


登山の技術は災害時にも転用できるものが多々あります

日本の災害は、以前の基準で考え作られた防災基準では防げないレベルに来ています

上げていきましょう、1人1人の防災意識を

# by yama-genta | 2019-10-18 10:20 | | Comments(0)

JKと編笠山登山

10月9日、晴天無風の最高の登山日和の中、〇棚女子の女子高生たちと編笠山に行ってきました

昨年に続き2回目のガイドでしたが360℃のパノラマに恵まれました

JKと編笠山登山_e0231387_18205630.jpg







登山前には女子高生たちに簡単に酸欠と高山病の対策として深呼吸の話をさせていただきました

思春期の女子には、貧血や生理など特有の問題が有りそれが高所では悪さをする場合もあります

そんな時こそ深呼吸が大事なんです

でも「深呼吸しなさい」というだけではだめで、なぜ必要なのかを伝えることで理解に結び付けば効果がでます

そこは流石の〇棚女子、しっかり理解してみんな笑顔で山頂にたてました

JKと編笠山登山_e0231387_18205688.jpg
途中、富士山が見え雲の上にいることに気づき感動をする、そんな素直な反応が高校生ですね (^^)

JKと編笠山登山_e0231387_18205669.jpg山頂につくとみんな元気、「来てよかった!」「最高!」「気持ちいい!」とか聞くと嬉しくなりますね :)

JKと編笠山登山_e0231387_18205639.jpg
編笠山からの八ヶ岳連峰、赤岳が見えるのが特徴です

いっぱいエネルギーを使い、山の中で食べるご飯は最高です

皆元気に山小屋の売食を笑顔で食べているのを見てこれもまた嬉しい限り (^^)

JKと編笠山登山_e0231387_18205679.jpgやっぱり女子高生、ピースが好きです ✌

終始しりとりをしながら楽しく約6時間の登山を楽しめました

下山後に登りの時に辛い辛いと言っていた子が笑顔で「いい思い出だったかも」と

辛さの先に喜びがあったりもしますよね

八ヶ岳には女子高生が楽しめる山があります

来年も一緒に行ければいいし、若い世代に登山の辛さや楽しみを教えられるガイドになっていきたいですね (^^)

# by yama-genta | 2019-10-11 18:38 | | Comments(0)
登山や災害時に役立つ救急法_e0231387_21312161.jpg昨日は東京の高田馬場で「トレイルランナーのための野外救急法」に講師としていってきました

Fun Trails の奥宮俊介さんとのコラボ企画で、トレイルランナーに特化した救急法を行いました

午前中は野外救急法をおこない、都市ではない野外での傷病者対応や判断の方法を学びました

午後は、緊急時のレスキューキャリー・三角巾法・119番通報要領・無線通信要領+シミュレーション訓練を行いました

トレイルランニングの大会では、マーシャルやスイーパーの動きによって救急対応が大きく変わります

傷病者を発見した時に、何ができるか?の発想ができるかできないかで大きく変わります

今回の講習ではこの、何ができるか?を実技をとおして学びました

この講習で学ぶ知識は登山でも使えます

このような講習もカスタムメイドで行いますので興味がある方はお声掛けください (^^)

登山や災害時に役立つ救急法_e0231387_21312277.jpg
限られた携行資器材で行う固定法

登山や災害時に役立つ救急法_e0231387_21312257.jpg
緊急時のレスキューキャリー二人法

登山や災害時に役立つ救急法_e0231387_21313804.jpg
レスキューキャリー一人法

登山や災害時に役立つ救急法_e0231387_21312353.jpg
圧迫・被覆・固定の三角巾法


登山や災害時に役立つ救急法_e0231387_21312178.jpg
実際に無線連絡を行いながら実施する傷病者対応訓練

# by yama-genta | 2019-10-06 21:39 | 救助救急 | Comments(0)
昨日は9月9日救急の日

関東では大忙しな消防本部もあったようです

9月8日に、東京でトレイルランナー向けに救急法の講習会を行いました

登山や災害時に役立つ救急法_e0231387_17592361.jpg
野外災害救急法

登山や災害時に役立つ救急法_e0231387_17592395.jpg
脊椎損傷の傷病者への体位変換

登山や災害時に役立つ救急法_e0231387_17592401.jpg
道具を使わないレスキューキャリー

登山や災害時に役立つ救急法_e0231387_17592157.jpg
三角巾法

この他に、緯度や経度を使用した山での119通報要領

実際に無線機を使用しての傷病者対応訓練を行いました

山などの野外や災害時には都市の救急法の考え方では人命救助はできません

救命の連鎖

「予防」「119通報」「一次救命処置」「二次救命処置」

この四つが的確に連鎖するのが救命の連鎖です

都市では、普段はこの連鎖が途切れることはそうそうありません

しかし、山や災害時では「119通報」ができない

「一次救命処置」、救急隊が来ない

こんなことが起きるのです

しかも「二次救命処置」の病院も被災します

そんな時こそ山や災害時に適した野外災害救急法が必要になります

トレイルランで考えてみると

もし

トレイルランでのケガや内科的疾患のリスクを知り傷病者にならないように「予防」ができたら?


現場にトレイルランナーがいて、いち早く的確な情報を電波の繋がる場所や山小屋から「119通報」できたら?


トレイルランナーがいち早く現場に行って的確な「一次救命処置」ができたら?


野外災害救急法の知識を持って的確な「一次救命処置」から「二次救命処置」に繋げたら?


ひょっとしたら「救命の連鎖」がつながる現場が出てくるかもしれません


そのためには学びが必要です


一緒に学びませんか? (^^)

次回は10月5日(土) イベントサイト「モシコム」で「野外救急法」で検索してください



# by yama-genta | 2019-09-10 18:12 | | Comments(0)
昨日は9月9日救急の日

関東では大忙しな消防本部もあったようです

9月8日に、東京でトレイルランナー向けに救急法の講習会を行いました

登山や災害時に役立つ救急法_e0231387_17592361.jpg
野外災害救急法

登山や災害時に役立つ救急法_e0231387_17592395.jpg
脊椎損傷の傷病者への体位変換

登山や災害時に役立つ救急法_e0231387_17592401.jpg
道具を使わないレスキューキャリー

登山や災害時に役立つ救急法_e0231387_17592157.jpg
三角巾法

この他に、緯度や経度を使用した山での119通報要領

実際に無線機を使用しての傷病者対応訓練を行いました

山などの野外や災害時には都市の救急法の考え方では人命救助はできません

救命の連鎖

「予防」「119通報」「一次救命処置」「二次救命処置」

この四つが的確に連鎖するのが救命の連鎖です

都市では、普段はこの連鎖が途切れることはそうそうありません

しかし、山や災害時では「119通報」ができない

「一次救命処置」、救急隊が来ない

こんなことが起きるのです

しかも「二次救命処置」の病院も被災します

そんな時こそ山や災害時に適した野外災害救急法が必要になります

トレイルランで考えてみると

もし

トレイルランでのケガや内科的疾患のリスクを知り傷病者にならないように「予防」ができたら?


現場にトレイルランナーがいて、いち早く的確な情報を電波の繋がる場所や山小屋から「119通報」できたら?


トレイルランナーがいち早く現場に行って的確な「一次救命処置」ができたら?


野外災害救急法の知識を持って的確な「一次救命処置」から「二次救命処置」に繋げたら?


ひょっとしたら「救命の連鎖」がつながる現場が出てくるかもしれません


そのためには学びが必要です


一緒に学びませんか? (^^)

次回は10月5日(土) イベントサイト「モシコム」で「野外救急法」で検索してください



# by yama-genta | 2019-09-10 18:12 | | Comments(0)

自然を愛し「生命の強さ、素晴らしさ」を伝える 元消防士、八ヶ岳リトリートハウスFlanオーナー、登山ガイド、森林セラピストのブログ 


by ゲン