人気ブログランキング | 話題のタグを見る

山と元太

yamatogen.exblog.jp
ブログトップ

大震災 適正な通報を

3月11日 東北関東大震災がおきました。

その時、私は消防局の指令室にいました。

地震が起き、次第に大きくなっていく。指令室が大きく揺れ、不安が頭をよぎる。ここは大丈夫か?倒壊しないか?天井からはパラパラと埃などが落ちてくる。

1回目の強い揺れがおさまりかけ、鳴っていた119番をとった。エレベーターが止まったという通報だった。話をしている中で2回目の強いゆれがおきる。通報者はパニック発作を抱える女性だった。「電話を切らないで」と言われたが、自分達も今の震度がわからない中での対応、周りでは119番が鳴り響く。どれだけの人が救助が必要なのか?火災は起きているのか?いろいろな不安が頭をよぎる。意識のある本人からの通報で怪我がないならばと考え、可哀想であるが消防隊に指令をし電話を切った。

対応に夢中だった。家族はどうだったか?と思ったのは地震後3時間半位してからだった。病院で働く妻にメールをし、無事を確認できた。他の親族も23時くらいには無事が確認できた。ただ、被災地である宮城の山元町のじいちゃんとばあちゃんの安否がわからなかった。

今回の地震で、火災やビルの倒壊が起きた。怪我人も多数出た。特に都心はエレベーターの閉じ込めがやはり多い。普段から階段を使うようにしておきたい。電気の節約にもなることだし。

通報では、停電やガスの止め方などの問い合わせを119に電話してくる市民が多かった。気持ちはわかる。不安なのもよくわかる。110、119は繋がるから電話してしまうのだろうが、でも、本当に助けが必要な人の通報が私達に伝わらなくなる。やっとかけた119かもしれない。携帯の電池がない中かもしれない。貴重な通報を見逃してしまう。ダイヤルする前に考えて欲しい。本当にこの電話は必要なのか?自分達で病院にいけないか?今すぐ行かなければ行けないのか?本当に緊急なのか?なんとか自分で対応できないのか?

宮城の祖父母は生きていた。津波にさらわれる手前だった。でも、被災地を含めこれからの生活は想像をこえる辛さだと思う。少しでも力になりたい。できるなら現地に駆けつけて手伝いたい。

しかし、私には今の仕事がある。何時おきるかわからない大震災に備えなければならない。

今できること、少しでも被災地のためになるように節電、節水を行うこと。無駄な食料などの物資消費をしないこと。少しでも被災地にライフラインを生かして欲しい。

もし、これを読んで共感を得る方は協力して欲しい。今こそ日本人が力を合わせる時だ。

適正な通報、これは震災後だけの話ではなく日ごろから行ってほしい。日ごろからおこなっていることは緊急時でも行える。力をあわせ、みんなで協力をしましょう。
# by yama-genta | 2011-03-14 19:37 | 生活

白馬BC 裏ひよどり

7日、今年3回目となるBCへ行ってきました。天気は早朝から雪でしたが、久々の降雪。雪の状態が比較的よいと思われる裏ひよどりの北斜面に入ることにする。

メンバーは、行き着けペンションのオーナーと、その友達であるガイドで62歳の女性と洋菓子屋さんの61歳の旦那さん。旦那さんは前回も一緒で顔見知り、3人ともテレマークです。年齢に関係なく滑れるのは凄いですね!みなさん御強いし(笑)

栂池のゴンドラ片道券を購入しゴンドラ山頂駅へ。3月の中旬(今年は12日)であればここからさらにロープウェイに乗ることができ標高を稼ぐことができます。ウォークで登っても20~30分で登れる距離ではあります。今回は動いていないので、つが第2ペアリフト乗り場で片道券を購入し栂の森ゲレンデへ。

栂の森ゲレンデを右側パーク方面に向かって斜滑降をしていくとBCの入り口に着きます。ここからウォーク開始です。雪質などをみながら車道を登り、途中でひよどり尾根に登行開始。南側斜面の森が開けている場所は早朝からの降雪によりもなかの状態。北斜面で滑り登り返すことにする。

登り開始から約1時間でひよどり尾根に到着。前日の風の影響もなく状態は良さそう。美味しそうな斜面を探しながら尾根を登っていく。

そして、状態の良さそうな斜面を見つけ滑ることに。前回・前々回と上手く滑れず悔しい思いをし、ゲレンデではあるが山を想定した滑りを練習してきた。板をはいて斜面に立つ。心臓はバクバク、緊張と不安と自信の混ざり合った自分なりには最高潮の状態。一人、二人と滑りだし転ぶのが見える。そして、白く美しくシュプールの無い斜面に飛び出す・・・

最初のターンをすると雪は下がクラストした状態?ではあるが、降り積もった雪でふかふか!山の中を滑っていく自分。最高に気持ち良い!俺って凄くない?!とか思いながら滑り降りていく、奇跡か運か実力か。転ばずに滑走ができた!!

こうなると調子にのるタイプ。その後も裏ヒヨをしばらく東方面に下っていったが、前回の自分では想像できないくらいに滑れる!白く広い雪面を滑っているのは4人だけ。自分達のシュプールが刻まれていく。きっと後から来た人が見て羨ましがるだろうなとか考えると嬉しくてしょうがなくなる。この喜び最高です☆

気持ちよく滑ったとは裏ひよを登り返し。途中、ボーダーを見かけるが、お先に!の優越感♪足取りも軽く尾根に到着。ここで昼食。登るのは長いが滑るとあっという間。でも、登るのも楽しい。登山と違い周りを見ながら登れるし、雪面読みなどの色々な練習になる。

帰りはひよどり尾根を栂池方面に向かう。樹林帯も初めてのときは怖いだけだったが、今では楽しんで滑れる。でも、調子に乗らずに怪我をしないように滑っていく。

こうして9時半~14時半のBCが終了。とても楽しかった。山は同じ斜面でも日当たり、風、樹林帯で雪質が変わる。それを滑るのは本当に楽しい!

27日に今シーズン最後のBCに行くが楽しみだ♪興味がある方や、やっている方がいたら一緒にやりましょう!!

なお、天気が雪だったため写真は撮りませんでした。。
# by yama-genta | 2011-03-09 19:03 | スキー・ボード
22.23と初めてのBCスキーに行ってきました。BCとは、バックカントリーで、要はスキー場じゃない山の中をスキーで登って、スキーで滑って下りてくるというものです。ガイドは行きつけのペンションのオーナーです。

22日、場所は白馬の裏ひよ。栂池の東側、ひよどり尾根の裏だから裏ひよ。栂池ゴンドラ山頂駅から第2ペアリフトに乗って更に上へ。山頂からバーンに向かって右にトラバースして行くとBC入り口。ここからシールを貼ってウォークをします。シールとは、スキーの板の裏に貼る着脱可能な滑り止め。昔はアザラシの皮を使っていたそうです。これをつけて山を登っていくのです。

登るといっても斜面に対して垂直に登るわけではなく、トラバース(斜面を斜め横に横切って登る)しながら登り、ターンして登ってを繰り返して高度を上げていきます。登山と違っていいところは、スキーで登るほうが景色を見て空を見てと、楽しみながら登れるし、階段運動の登山に比べると体力的にも楽ですね。登山はついつい下を見て登ってしまいます。スキーは下を見ているとバランスを崩すので前を見るようにする。だから良いのかも。

そんなこんなで途中で人生初の白兎を目撃(あの脚力欲しいですね)し、2時間ぐらい登ります。そして、滑り始める山のピークに到着。
初BCスキー 裏ひよ・裏コルチナ_e0231387_2348577.jpg

鹿島槍、五竜、唐松、白馬と綺麗に見えていました。冬山はやはり綺麗ですね♪そして、美味しいご飯を食べました。

さてさて、ここからが本番の滑走です。ひよどり尾根方面へと滑って行きます。最初は結構な急斜面、行きよい良く行きましたが転ぶは転ぶ。ゲレンデとは違うと体で納得。山の滑走は難しいですね(泣)ブナ林ではぶつかる恐怖心が出てターンもろくにできず。さらに止まれない。面で滑り、優しくとまる。これが中々できませんでした。デビュー戦は散々でしたよ。。さらに、靴づれもしていたし。
ヒヨドリ尾根から栂池に出て帰宅。約5時間のスキーでした。

23日、昨日の反省を胸に体で覚えるためにカメラを持たずに出撃。場所は裏コル。コルチナスキー場の裏だから。コルチナスキー場からリフトを2本乗り継ぎスキー場向かって右側の坂平らから中土駅へ向かってのコース。雪質を見ながらステージを変えていく、さすが現地ガイドです。

この日は、オーナーのテレマーク仲間達や他のガイドさんのお客さん計10名近くでのBC。人がいるからか、体が覚えたのか、恐怖心が消えたのか、雪が良いのか、初日に比べれば断然滑れて楽しさ倍増!形はどうであれ、ペースを乱さずについていけて一安心。
初BCスキー 裏ひよ・裏コルチナ_e0231387_23492346.jpg

新潟方面、妙高、雨飾山などの一望です。裏コルは裏ひよに比べほぼ林の中を滑ることになります。その系が好きなヒトにはお勧めです。後は、木から落ちた雪だまエリアなどで斜滑降をする場所が後半にあります。私は苦戦しました。。約4時間半のスキー。私も怖がっていた林が結構好きになりました(笑)

ゲレンデスキーも楽しいが、山は雪質が突然変わるし、ルートも起伏にとんで面白い。一緒に行った2名のお客さんは同じ山スキー。他のガイドやオーナー達は皆テレマーク。みんな上手いし一緒に滑れてとても光栄でした。早く追いつきたいものです。BCはまりますよね♪夢である、スキーと登山と写真の融合にまた一歩近づいたゲンでした。
# by yama-genta | 2011-02-27 23:51 | スキー・ボード

段階付け

環境の変化に心身が順応するには、ゆっくりと馴染んでいくことが大切。

この忙しい世の中、体を動かしでばかりいる人々、そのような人にこそたまには静的で受身的な活動や、意識した深呼吸が必要になるのです。

私も仕事・性格上で「運動をしていないといけない」とか「やることやらなきゃ」とか考え、トレーニングなど体を動かしていないと罪悪感を持ちます。
まぁ、これはこれでいいのかもしれませんが、ずっと続けているとやっぱり気力が必要で疲れてきますよね。

私が習っているヨガでは、静的なプログラムで心の開放や体の開放を味わえ普段の生活では味わえないリラックスと心地よい疲れを感じます。だからはまっているのだと実感。

今では自宅で録画した「THE 世界遺産」をみながらのお家ヨガがリラックスタイムになっています。深津絵里さんのナレーションがまた聞きやすく心地良いのです☆

明日から2日間は楽しみにしていた山スキー、今日は夜勤明けでゆっくり散歩(ウォーキング)をし、家ヨガをしてエネルギーを溜めたので、早朝から運転等がんばりまっす!

皆さんもたまにはゆっくり公園のベンチや芝生で横になって空を見る、川のせせらぎをゆっくりと聴く、そして仕事の合間などふと立ち止まって深呼吸するなどの心の開放、体の開放をしてくださいね☆

あ、ヨガもお勧めですよ(^^)/
# by yama-genta | 2011-02-21 19:27 | ヨガ
さてさて、我が家の家庭菜園も今年で2シーズン目になりました。去年は4月に野菜の種まきをしましたが、4月・5月と寒くオクラ・枝豆の芽が育ちませんでした。そこで、今年はジャガイモを推奨されている2月に植えて
その後にオクラを植えて無駄なく育てようと思います。


ジャガイモは2月に植えると5月に収穫ができます。しかし、2月では早いという意見も有り、首都圏であれば2月植え付けでも大丈夫であると思われます。


まずは種いも作りから。ホームセンターで種いもが売っていますが市販のいもでもOKです。我が家は宮城の田舎産有機男爵です。1個の大きさが40~50gの小さめのいもを使います。無ければ大きめのいもを切って使用します。我が家はちょうど良いのがなったので切りました。ジャガイモの種いも植え付け_e0231387_17122039.jpg小さな種いもも、切った種いもも芽が出る穴が3つ以上になるようにします。そして、切ったいもは1~2日天日干しをします。我が家は切ったので天日干し。「切り口に灰をつけるとよい」とかありますが、去年もそのようなことはせずとも芽はちゃんと出ました。今年もジャガイモ君の力に頼ってみようと思います。


我が家の家庭菜園は、120cm×250cmと小さな畑です。去年は6畝、7種類の野菜を育てましたが、窮屈だったので今年から5畝固定にしました。連作障害や植える予定の植物の日当たり等を考え北側2列目に植えることに。ジャガイモの種いも植え付け_e0231387_17165746.jpg今植えてあるのは、田舎からもらった大根と長ネギ。このように植えておくだけで育ち保存になります。市販のドロねぎや葉つき大根はお勧めです。畝幅約40cm、深さ約15cmに掘り、元肥と米ぬか(我が家は自宅精米しているので)を混ぜた土に種いもの切り口を下にして距離約25cmづつで植えました。去年は元肥のみで十分に芽はでました。


ジャガイモは上に上に実をつけますので収穫までに3回ほど土寄せをします。畝は広めで高くしないほうがよいです。去年は知識がなっかたので土を買ってきて足しました。それでもOKでした。


このように無事に植え付け終了!元気に育ってほしいです♪植物を育てていると、いつの間にか愛情ができ、心配したり、励ましたりしてしまいます。まるで子供のようですね、今では「ただいま」とか「うちの子達」とか言ってしまいます(笑)


植物を育てるのはエコにもなりますし、目の保養・空気の浄化等にも繋がります。植育お勧めです☆
# by yama-genta | 2011-02-17 17:28 | 畑・庭

自然を愛し「生命の強さ、素晴らしさ」を伝える 元消防士、八ヶ岳リトリートハウスFlanオーナー、登山ガイド、森林セラピストのブログ 


by ゲン