人気ブログランキング |

山と元太

yamatogen.exblog.jp
ブログトップ
今年のご来光は美ヶ原から

八ヶ岳リトリートハウスFlanのキセキ 美ヶ原冬登山_e0231387_19442977.jpg
八ヶ岳や富士山が望めます

年末年始はFlanに宿泊のお客様と過ごしました

この冬に北アルプス単独登山を行うお客様、読図・ビバーク・ワカン歩行の訓練を行いました

Flanで読図の図上講習を行い、守屋山で実技講習を行いました

場所を変えてビバーク訓練

寒さを体験するため美ヶ原へ

遮るものが何もない美ヶ原は寒さも抜群です

朝一で王ケ頭に向けて行動開始

ワカン歩行訓練です

八ヶ岳リトリートハウスFlanのキセキ 美ヶ原冬登山_e0231387_19442936.jpg
月光とヘッドライトの明かりを頼りに地形を読み無駄のない歩行を行います

登山中はどうしても下を見がちですが、遠くを見てルートを選定し無駄なラッセルをしないことが重要です

2時間ほど歩いて王ケ頭ホテルに到着

八ヶ岳リトリートハウスFlanのキセキ 美ヶ原冬登山_e0231387_19442961.jpg
360℃のパノラマ 八ヶ岳・富士山・南アルプス・浅間山が見えます

王ケ頭はホテルの裏
八ヶ岳リトリートハウスFlanのキセキ 美ヶ原冬登山_e0231387_19442800.jpg
後ろに北アルプス槍ヶ岳・表銀座

王ケ頭から20分ほど歩くと王ケ鼻につきます

八ヶ岳リトリートハウスFlanのキセキ 美ヶ原冬登山_e0231387_19442926.jpg
日本百名山の約1/3が見渡せます

八ヶ岳リトリートハウスFlanのキセキ 美ヶ原冬登山_e0231387_19442937.jpg
北アルプスと雲海

美ヶ原は初心者の冬期登山とスノーシューハイクにもってこいです

八ヶ岳リトリートハウスFlanから約1時間

この冬は家族でスノーシュー&絶景を見る特別な時間を過ごしませんか?


by yama-genta | 2020-01-06 20:02 | | Comments(0)
八ヶ岳リトリートハウスFlanのキセキ 木曽駒ケ岳雪上訓練_e0231387_13485976.jpg
早いもので今年も終わり

昨年は多くのお客さに八ヶ岳リトリートハウスFlanにお越しいただきました

素敵な出会いと素晴らしい思い出をいただきました

今年最後のお客様は本日の年越しです

どんな年越しになるのでしょうか?

先日、29日に木曽駒ケ岳へ雪上訓練にいってきました

参加してくださったのは、お母さんと小学6年生の息子さん

Flanに一泊してのプランでした

お二人とも雪山は初です

雪山に入る前には必ず道具の使い方や点検もかねて雪上訓練をおこないます

道具は足りないものをFlanでレンタルし、朝ごはんのお弁当を持って木曽駒ケ岳へ

菅の台バスセンターから専用バスに乗り、駒ケ岳ロープウェイで千畳敷にあがります

バスの始発は8:15ですが、さすが年末、7:45分頃に着くと長蛇の列でした

しかし、バスは増便が出ていました

私たちは5台目の9:00発に乗れました

9:00発とその次位に乗れないと、木曽駒ケ岳の日帰りは少し難しくなります

9:35にロープウェイ駅に到着し、10:05のロープウェイで千畳敷駅へ

10:30から登山が開始できました

待ち時間や登山前にウェアや装備(アイゼン・ピッケル)の基礎知識を学び

実際の登山でアイゼン歩行を学びます

冬山で大事なのはアイゼンの使い方

これは歩いて経験を積んで覚えるが一番です

木曽駒ケ岳は急斜面から緩斜面、積雪箇所、アイスバーンなど1日で様々な雪のトレースを歩けます

調子が良ければ山頂へも行けます

千畳敷の急斜面を1時間ほどで登り、そこから約1時間で山頂にいけます

八ヶ岳リトリートハウスFlanのキセキ 木曽駒ケ岳雪上訓練_e0231387_13490046.jpg
母と息子の頂き

天気がよければ360℃の景色が望めます

帰りは来た道を戻るだけ

帰りがけに千畳敷で滑落停止訓練を行いました

トータルで4時間ほどの登山になります

八ヶ岳リトリートハウスFlanのキセキ 木曽駒ケ岳雪上訓練_e0231387_13485950.jpg
後ろに見えるのが木曽駒ケ岳山頂

条件が良ければ雪上訓練を兼ねて山頂に登れます

来年はお子さんや御友人と一緒にいかがですか?

帰りのゴンドラは毎時55分発なのですが、増便があり待たずに済みました

こうして母と子の初めての雪山登山旅行は素敵な時間を過ごすことができました

お二人ともルナソルと遊べてご満悦でした(^^)

八ヶ岳リトリートハウスFlanでは、お客様のご要望を全力でサポートさせていただきます

来年は自分たちの特別な旅行をしに原村・八ヶ岳リトリートハウスFlanにおこしください(^^)






by yama-genta | 2019-12-31 14:10 | | Comments(0)
10月12日

台風に対し万全の態勢で臨みましたが、倒木も停電もなく予想以上に被害のない原村でした

被害にあわれた地域の方々の日常が少しでも早く戻ることをお祈りします

八ヶ岳では徐々に被害の報告が聞こえています

八ヶ岳にお越しになる時はしっかりと情報収集をしてお越しください

台風の中、我が家ではガイド検定を受けている方とロープワーク訓練を行っていました

登山に必要なロープワーク訓練_e0231387_10134394.jpg
ロープワークの基本、ロープの束ね方

登山に必要なロープワーク訓練_e0231387_10134444.jpg
折り返して束ねる方法

登山に必要なロープワーク訓練_e0231387_10134424.jpg
基本結索訓練

登山に必要なロープワーク訓練_e0231387_10134572.jpg
八ヶ岳リトリートハウスFlan訓練室

登山に必要なロープワーク訓練_e0231387_10134619.jpg
ムンターーヒッチによる懸垂下降

登山に必要なロープワーク訓練_e0231387_10140872.jpg
ムンターヒッチによる吊り上げ吊り下げ


13日は台風一過の中、近所の山で実技訓練

登山に必要なロープワーク訓練_e0231387_10140776.jpg
ムンターヒッチによる吊り上げ吊り下げ

登山に必要なロープワーク訓練_e0231387_10140994.jpg
誘導ロープ設定

登山に必要なロープワーク訓練_e0231387_10141842.jpg
ムンターヒッチでの懸垂下降

登山に必要なロープワーク訓練_e0231387_10141743.jpg
樹間でのツェルト設営


登山の技術は災害時にも転用できるものが多々あります

日本の災害は、以前の基準で考え作られた防災基準では防げないレベルに来ています

上げていきましょう、1人1人の防災意識を

by yama-genta | 2019-10-18 10:20 | | Comments(0)

JKと編笠山登山

10月9日、晴天無風の最高の登山日和の中、〇棚女子の女子高生たちと編笠山に行ってきました

昨年に続き2回目のガイドでしたが360℃のパノラマに恵まれました

JKと編笠山登山_e0231387_18205630.jpg







登山前には女子高生たちに簡単に酸欠と高山病の対策として深呼吸の話をさせていただきました

思春期の女子には、貧血や生理など特有の問題が有りそれが高所では悪さをする場合もあります

そんな時こそ深呼吸が大事なんです

でも「深呼吸しなさい」というだけではだめで、なぜ必要なのかを伝えることで理解に結び付けば効果がでます

そこは流石の〇棚女子、しっかり理解してみんな笑顔で山頂にたてました

JKと編笠山登山_e0231387_18205688.jpg
途中、富士山が見え雲の上にいることに気づき感動をする、そんな素直な反応が高校生ですね (^^)

JKと編笠山登山_e0231387_18205669.jpg山頂につくとみんな元気、「来てよかった!」「最高!」「気持ちいい!」とか聞くと嬉しくなりますね :)

JKと編笠山登山_e0231387_18205639.jpg
編笠山からの八ヶ岳連峰、赤岳が見えるのが特徴です

いっぱいエネルギーを使い、山の中で食べるご飯は最高です

皆元気に山小屋の売食を笑顔で食べているのを見てこれもまた嬉しい限り (^^)

JKと編笠山登山_e0231387_18205679.jpgやっぱり女子高生、ピースが好きです ✌

終始しりとりをしながら楽しく約6時間の登山を楽しめました

下山後に登りの時に辛い辛いと言っていた子が笑顔で「いい思い出だったかも」と

辛さの先に喜びがあったりもしますよね

八ヶ岳には女子高生が楽しめる山があります

来年も一緒に行ければいいし、若い世代に登山の辛さや楽しみを教えられるガイドになっていきたいですね (^^)

by yama-genta | 2019-10-11 18:38 | | Comments(0)
登山や災害時に役立つ救急法_e0231387_21312161.jpg昨日は東京の高田馬場で「トレイルランナーのための野外救急法」に講師としていってきました

Fun Trails の奥宮俊介さんとのコラボ企画で、トレイルランナーに特化した救急法を行いました

午前中は野外救急法をおこない、都市ではない野外での傷病者対応や判断の方法を学びました

午後は、緊急時のレスキューキャリー・三角巾法・119番通報要領・無線通信要領+シミュレーション訓練を行いました

トレイルランニングの大会では、マーシャルやスイーパーの動きによって救急対応が大きく変わります

傷病者を発見した時に、何ができるか?の発想ができるかできないかで大きく変わります

今回の講習ではこの、何ができるか?を実技をとおして学びました

この講習で学ぶ知識は登山でも使えます

このような講習もカスタムメイドで行いますので興味がある方はお声掛けください (^^)

登山や災害時に役立つ救急法_e0231387_21312277.jpg
限られた携行資器材で行う固定法

登山や災害時に役立つ救急法_e0231387_21312257.jpg
緊急時のレスキューキャリー二人法

登山や災害時に役立つ救急法_e0231387_21313804.jpg
レスキューキャリー一人法

登山や災害時に役立つ救急法_e0231387_21312353.jpg
圧迫・被覆・固定の三角巾法


登山や災害時に役立つ救急法_e0231387_21312178.jpg
実際に無線連絡を行いながら実施する傷病者対応訓練

by yama-genta | 2019-10-06 21:39 | 救助救急 | Comments(0)
昨日は9月9日救急の日

関東では大忙しな消防本部もあったようです

9月8日に、東京でトレイルランナー向けに救急法の講習会を行いました

登山や災害時に役立つ救急法_e0231387_17592361.jpg
野外災害救急法

登山や災害時に役立つ救急法_e0231387_17592395.jpg
脊椎損傷の傷病者への体位変換

登山や災害時に役立つ救急法_e0231387_17592401.jpg
道具を使わないレスキューキャリー

登山や災害時に役立つ救急法_e0231387_17592157.jpg
三角巾法

この他に、緯度や経度を使用した山での119通報要領

実際に無線機を使用しての傷病者対応訓練を行いました

山などの野外や災害時には都市の救急法の考え方では人命救助はできません

救命の連鎖

「予防」「119通報」「一次救命処置」「二次救命処置」

この四つが的確に連鎖するのが救命の連鎖です

都市では、普段はこの連鎖が途切れることはそうそうありません

しかし、山や災害時では「119通報」ができない

「一次救命処置」、救急隊が来ない

こんなことが起きるのです

しかも「二次救命処置」の病院も被災します

そんな時こそ山や災害時に適した野外災害救急法が必要になります

トレイルランで考えてみると

もし

トレイルランでのケガや内科的疾患のリスクを知り傷病者にならないように「予防」ができたら?


現場にトレイルランナーがいて、いち早く的確な情報を電波の繋がる場所や山小屋から「119通報」できたら?


トレイルランナーがいち早く現場に行って的確な「一次救命処置」ができたら?


野外災害救急法の知識を持って的確な「一次救命処置」から「二次救命処置」に繋げたら?


ひょっとしたら「救命の連鎖」がつながる現場が出てくるかもしれません


そのためには学びが必要です


一緒に学びませんか? (^^)

次回は10月5日(土) イベントサイト「モシコム」で「野外救急法」で検索してください



by yama-genta | 2019-09-10 18:12 | | Comments(0)
昨日は9月9日救急の日

関東では大忙しな消防本部もあったようです

9月8日に、東京でトレイルランナー向けに救急法の講習会を行いました

登山や災害時に役立つ救急法_e0231387_17592361.jpg
野外災害救急法

登山や災害時に役立つ救急法_e0231387_17592395.jpg
脊椎損傷の傷病者への体位変換

登山や災害時に役立つ救急法_e0231387_17592401.jpg
道具を使わないレスキューキャリー

登山や災害時に役立つ救急法_e0231387_17592157.jpg
三角巾法

この他に、緯度や経度を使用した山での119通報要領

実際に無線機を使用しての傷病者対応訓練を行いました

山などの野外や災害時には都市の救急法の考え方では人命救助はできません

救命の連鎖

「予防」「119通報」「一次救命処置」「二次救命処置」

この四つが的確に連鎖するのが救命の連鎖です

都市では、普段はこの連鎖が途切れることはそうそうありません

しかし、山や災害時では「119通報」ができない

「一次救命処置」、救急隊が来ない

こんなことが起きるのです

しかも「二次救命処置」の病院も被災します

そんな時こそ山や災害時に適した野外災害救急法が必要になります

トレイルランで考えてみると

もし

トレイルランでのケガや内科的疾患のリスクを知り傷病者にならないように「予防」ができたら?


現場にトレイルランナーがいて、いち早く的確な情報を電波の繋がる場所や山小屋から「119通報」できたら?


トレイルランナーがいち早く現場に行って的確な「一次救命処置」ができたら?


野外災害救急法の知識を持って的確な「一次救命処置」から「二次救命処置」に繋げたら?


ひょっとしたら「救命の連鎖」がつながる現場が出てくるかもしれません


そのためには学びが必要です


一緒に学びませんか? (^^)

次回は10月5日(土) イベントサイト「モシコム」で「野外救急法」で検索してください



by yama-genta | 2019-09-10 18:12 | | Comments(0)
【トレイルランナーのための野外救急法】

今年からトレイルランニングの救護リーダーをやらせていただいています。

トレイルランニングは、山を走れるとても爽快なスポーツですが、一歩間違えれば大けがにつながるスポーツでもあります。

山の中でケガをすれば助けが来るまでに数時間かかります。

そんな時にどうすばいいのか?どうやって助けを待てばいいのか?

山での救命率を上げは、山に入る全ての方が山での救急法を身につけ、救助を待つまでにできることを実施し、救助隊に的確に引き継ぐことが必要です。

そのような学びを得られる講習会を実施します。

これからトレイルランニングを始める方、経験者の方、救護について知りたい方が対象です。

下記のファントレイルズ、イベント情報のホームページに詳細が載っていますので興味のある方は是非!

救える命を救うために一緒に学びましょう!

皆様の参加をお待ちしています。

【トレイルランナーのための野外救急法】

http://fun-trails.com/event/%e3%80%909%e6%9c%888%e6%97%a5%e6%97%a5%e3%83%88%e3%83%ac%e3%82%a4%e3%83%ab%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%8a%e3%83%bc%e3%81%ae%e3%81%9f%e3%82%81%e3%81%ae%e9%87%8e%e5%a4%96%e6%95%91%e6%80%a5%e6%b3%95
by yama-genta | 2019-08-19 11:30 | | Comments(0)

秋の八ヶ岳主稜線縦走

秋の八ヶ岳主稜線縦走_e0231387_15431458.jpg
【イベント情報】

秋の登山ガイドイベント情報です

八ヶ岳リトリートハウスFlan宿泊と八ヶ岳主稜線縦走をセットにしたイベントの情報です

興味がありましたら是非お越しください!

詳細は下記から↓
  

秋の八ヶ岳主稜線縦走_e0231387_15431471.jpg

by yama-genta | 2019-08-02 15:47 | | Comments(0)

遠方の山口県と愛知県からお越しのお客様

4日間で11座の山に登る計画でFlanにお越しいただきました


18日

Flanに来る前に、美ヶ原と霧ヶ峰(車山)に登頂してからFlanに到着

温泉に行き、美味しい夕飯を食べ、ルナソルと遊び、ぐっすり就寝


19日

マウンテンレスポンダーサービスで美濃戸~赤岳~硫黄岳~天狗岳~唐沢鉱泉の山行に出発

この日の天気はいまいちで雨や風が強めの予報

天気図と天気予報から判断し決行

マウンテンレスポンダーは救急救助のプロが同行するサービスです

天気が悪くて一人で行けない時も、プロが一緒にいることで安心して山行がおこなえます

登山は、晴天だけではなく悪天候を経験することも必要となります

まさにうってつけでした

美濃戸登山口まではFlanの送迎付き

朝8時から歩きはじめました

八ヶ岳リトリートハウスFlanのキセキ 八ヶ岳縦走_e0231387_18030250.jpg
雨は降っておらず、涼しくもジメジメした天気の中


約2時間半で業者小屋に到着

今年から始まったカモシーパネルで記念撮影

八ヶ岳リトリートハウスFlanのキセキ 八ヶ岳縦走_e0231387_18030328.jpg
八ヶ岳リトリートハウスFlanのキセキ 八ヶ岳縦走_e0231387_18030445.jpg
山なめちゃだめですよ (^ ^)

文三郎コースを使って赤岳へ

一部風の強い場所もありましたが、雨には降られず山頂へ

途中、高山植物も多く見れました

八ヶ岳リトリートハウスFlanのキセキ 八ヶ岳縦走_e0231387_18030219.jpg
八ヶ岳を代表するキバナシャクナゲ
八ヶ岳リトリートハウスFlanのキセキ 八ヶ岳縦走_e0231387_18030295.jpg
頂上山荘で女将の手作りお弁当を食べながら休憩をして横岳へ

風が強めで途中から雨も降りましたが、めったいない経験できない気象もプロがいれば安心できると楽しめるもの

楽しんで歩けました

横岳を通過して無事にこの日の目的地の硫黄岳山荘に到着

しっかり休んで次の日に備えました


20日

天気は曇りの予報

風が強くて有名な硫黄岳の登りから始まります

約20分程登り硫黄岳へ

途中、雲が切れて赤岳が見えました

八ヶ岳リトリートハウスFlanのキセキ 八ヶ岳縦走_e0231387_18030433.jpg
雲が切れた瞬間
八ヶ岳リトリートハウスFlanのキセキ 八ヶ岳縦走_e0231387_18030299.jpg
姿を現す八ヶ岳

硫黄だけを後にして、天狗岳へと向かいます
途中、箕冠屋山と根石岳を通過します
八ヶ岳リトリートハウスFlanのキセキ 八ヶ岳縦走_e0231387_18030224.jpg
硫黄だけからの下り

この日も稜線上では風が強めだったので、天狗岳に行く前に根石山荘でしっかりと休憩と準備
先の事を考えて装備の準備や飲食をすることで低体温などは防げます
根石岳から30分ほど歩いて東天狗岳につきます
この根石岳から天狗岳までの稜線は昔雷鳥がいたことを髣髴とさせる北アルプスに似た綺麗な尾根
しかしホワイトアウトで何も見えませんでした
東天狗から西天狗へのルートはホワイトアウトすると道間違いをしやすいので慎重に
20分ほどで無事に到着
7座の縦走が無事に終了しました
八ヶ岳リトリートハウスFlanのキセキ 八ヶ岳縦走_e0231387_18030263.jpg
2時間ほどで唐沢鉱泉に降り、女将のお迎えでFlanにもどりました
Flan到着後、途中で有名店の美味しいパンを買い昼食を食べ、温泉に行き、買い出しに行き、夕食を食べ、ルナソルと遊び、来年の登山計画を立て就寝となりました

21日
朝早くから蓼科山に向かい、下山後、入笠山に登って11座都登頂をコンプリートし大満足での帰宅となりました

Flanでは、1日1組限定のお客様のカスタムプランに合わせた柔軟な対応が可能です
送り迎えやガイド、お弁当、登山の相談などに柔軟に対応します
遠方からきて「登れなかった!」とならないように最善のサポートをしますのでお気軽にご相談ください(^ ^)


by yama-genta | 2019-07-21 18:39 | リトリートハウス | Comments(0)

自然を愛し「生命の強さ、素晴らしさ」を伝える 元消防士、八ヶ岳リトリートハウスFlanオーナー、登山ガイド、森林セラピストのブログ 


by ゲン